フレンドニッポンのサポート体制

フレンドニッポンでは充実した技能実習期間の実現に向けて全国に拠点を開設し、ご安心いただけるサポート体制を組んでおります。
また、受け入れ企業様の実情にあわせてサポート体制のカスタマイズもご提案いたします。

入国まで

Phil Nippon Technical Collegeをカウンターパートナーとし、高度な日本語訓練と基本的な技能スキル訓練、さらに日本企業で必要となる規律訓練などを行っています。

入国時

日本に入国してすぐに受け入れ企業様に配属してしまうと、実習以外の生活の部分で不安定になってしまうことがあります。フレンドニッポンでは、3年間の技能実習期間を安心して過ごすためのトレーニングを3か所の訓練施設で行い、日本での実習と生活を両立できるようにしています。

実習期間

実習期間に入ってからも、実習現場や生活場面での課題が出てくるケースもあります。
フレンドニッポンでは、受け入れ企業様の実習現場に足を運び課題解決を行ったり、実習生の生活面・精神面での支援などを定期的に行っています。

<日本におけるサポート体制>

  1. 東京・名古屋・京都・広島・長崎に主拠点、日立市、小山市、上田市、熊谷市、静岡市、下松市、大分市に準拠点を設け、実習生の生活支援
  2. 寮の設営・管理
  3. 日本語のレベルアップ教育(日本語能力試験N2、N3の合格)、寮生活、身だしなみ、あいさつ運動等の継続訓練や近隣との苦情処理
  4. 日本での作業上必要な玉掛け、クレーン、フォークリフト、溶接(JIS、NK)、ガス切断、社内検定などのための教育
  5. フィリピン国の政府・学校・家族との連絡調整
  6. 緊急時(救急医への搬送、面談、入院措置)の対応
  7. レクリエーションの実施など

資格取得の推進

実際の企業様においては、専門資格が必要となる現場も数多くあります。
フレンドニッポンでは、技能実習生の資格取得の推進も行っています。

<資格取得支援の実績>

  • 玉掛け
  • 床上運転式クレーン
  • ガス溶接
  • NK溶接
  • JIS溶接
  • 高所作業車運転者
  • ASME溶接
  • フォークリフト運転者